home

つい友達に教えたくなる「歯医者の豆知識」

本当は「歯石をとるのは痛くない」

あなたは「歯石を取った」ことがありますか?その時痛かったですか?「歯石を取る」というのは、歯のクリーニングの一部なんですが本来、歯石を取るときには痛みは感じないはずなんです。もし、痛みを感じたならそれは「歯石が歯にこびりついてたから」です。

お風呂そうじとかでも汚れを放っておくと、その汚れを落とすのに苦労しますよね。洗濯モノもそうです。汚れた時に洗うのが一番ですよね。歯石もそれと同じで、放っておくと歯にこびりついてしまうんです。そのコッテリとこびりついた汚れをなんとか落とそうとするため、「痛み」が出てしまうんです。

歯医者に定期的にかよってクリーニングすることで、痛くなく楽に歯石は落とすことができます。

クリーニングのために歯医者に来ても良い

前回の記事と同じになりますが、歯のクリーニングのためだけに、歯医者に来て頂いても大丈夫です。「歯医者は歯を治療する所」というイメージが多くありますし、それはそれで事実なのですが、「治療以外の目的」で歯医者に行っても何の問題もありません。

歯をクリーニングするために歯医者に行って、歯石などを取ってキレイにして、その時に虫歯があれば治療も可能ですし、歯磨き方法などを教えてもらうこともできます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ